歳を重ねるごとに気になってくるのが、顔のたるみですよね。このたるみによって、口元のほうれい線やシワがくっきりと目立ってしまい、老けた印象になってしまいます。ヒアルロン酸は、このようなたるみに効果があると言われていますが、本当に効果的なのでしょうか。まず、肌がたるんでしまう原因ですが、これは肌を支えているコラーゲンやエラスチンといった物質が、年齢を重ねるごとに減少していくことにあります。コラーゲンやエラスチンが不足すると、肌が重みに耐えられなくなり、下へと下がってしまうのです。また、その他にも、実は、肌の乾燥もたるみの原因として挙げられています。肌に水分がたっぷりある場合には、毛穴の周りの皮膚もふっくらとして毛穴が目立つ事はありません。でも、水分が少なく乾燥した肌の状態になってしまうと、毛穴の周辺の皮膚がハリを失くしてしまい、毛穴が開いているように見えてしまいます。この状態をそのままにしておくと、どんどん肌のハリが無くなって行き、最終的には顔全体がたるんだように見えてしまうのです。このような肌の乾燥によるたるみの場合に、ヒアルロン酸が効果を発揮してくれます。ヒアルロン酸は、保水、弾力を必要とする部分には不可欠な物質です。保水効果が極めて高く、1gのヒアルロン酸には6000mlもの水分を保つ力が備わっているとも言われています。このヒアルロン酸を十分肌に補う事によって乾燥を防ぎ、ハリのある肌に戻してあげる事でたるみを改善する事が出来るのですー